CWPブログ

2022/07/28

AIで生き物の生態を調べよう!デジタル環境教育~山編~ (森林環境教育)のレポート

執筆者: 小林大地 (バンディ)



  

7月23日に実施しました生き物学習山編の報告をさせていただきます、小林ことバンディです。

AIで生き物生態を調べようということで、AIカメラを参加者と一緒に設置してきました。

カメラの設置だけでなく、森での遊びや新たなデジタル環境教育の可能性がみえる活動になりました。

やったことの概要は以下へどぞ!

 

AIカメラを設置しよう!

 

今回のメインは自分たちでAIカメラを設置する場所を考え、実際に設置すること。

設置する場所を考えるときの材料となるよう、どんな生き物がこの山にはいるのか?生き物は何を食べているのか?を学びます。

 

まず、どんな生き物がいるのかを知るために、一足先にテスト設置していたカメラで撮影した画像をみんなで確認。

 

図鑑で特徴を確認しながらなんの動物かを確認します。

 

ちなみにこんな動物もこんばんはしてました。

カモシカ!?

今は特別天然記念物食べれませんが、かつて食べれたころは美味で有名だったそうな。

 

次に、カメラに写っていた生き物はどんなものを食べているのかもチェック。

草食の動物を例にごはんを食べた痕跡がどんなものか、なにを食べているのかを教えてもらいます。

※リスの食痕「松ぼっくりエビフライ」 イメージです

 

ここまで教えてもらったところで、いよいよ子どもたち自身がどこへ設置するとよさそうか考えます。

森の中を上に下に子ども達は動き回り、設置場所を探します。

ついていく大人たちは精一杯。斜度が30度はありそうな斜面ですがすいすいと移動していきます。身軽・・・

 

10分ほど探し回りそれぞれ設置したい場所が決まったところで、理由と一緒に発表!

 

「えさとなる草があつまっているから」

「獣の通り道によさそう」

「えさ場と通り道とどっちも撮影できそう」

 

3つの候補があがり、それぞれの理由を教えてくれました。

しかしもろもろ大人の都合により今回設置できるカメラは1台だけ。。。

 

どこも設置にはよさそうな場所でしたが、決め方も相談し「多数決」で決めることに。

挙手投票の結果、山の入口にある木に設置することになりました。

 

撮影の邪魔になりそうな枝を払い、カメラ設置!

カメラをさっそくチェックしてみると狙い通り映像が撮影できていました。

なにが写るか楽しみー

 

森での遊びその① 「くい打ち」

カメラを設置した後は、森でのフリータイム。

普段住んでいる場所ではできないような遊びが始まります。

特に盛り上がった遊びが木製の杭を打ちこむこと!男の子も女の子も必死に杭を打ち込みます。

 

 

「なにかが引っかかっているから先に穴をほってみる!」

「抜くのも結構大変だけど、おもしろい」

など色々と話しながら打ち込んでいる姿をみていると、ついつい大人もやりたくなってしまうほど熱中していました。

最後は遊ぶ時間が終わるぎりぎりまで杭を打ち続けましたが目標の場所まで打ち込むことができず、残念。

また次回来た時に続きを打ち込もう!

 

森での遊びその② 「フォトグラメトリ」

 

別のグループではCWPエンジニアのもりもりの指導の下、打ち込んだ杭を3Dモデル化(フォトグラメトリ)してました。

やり方はスマホのアプリを使って撮影するのみ。

「杭が途中でなくなってしまった・・・難しい」

と言っていたものの、周りの雰囲気とあわせいい感じにできています。

できた3Dモデルが以下のURLで自由にみることができます。(地面の凹凸がリアル)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

https://service.widar.io/web-viewer/4cc82791-37ac-4c75-bb55-e32fb00f2cb4

※ログインなしでみれます

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

森での遊びその③「企画会議」

 

実際に遊ぶだけでなく、森でどんなあそびをしたらおもしろそうか企画会議もやっちゃいます。

森を歩き回りながらどんな遊びができそうか、発想を膨らませます。

 

「デッキからすべり台でおりれたら楽しそう」

「ブランコを作ってみたい」

「森と言えば飯盒炊飯でしょ」

 

と次なるあそびに向け、ワクワクするアイデアが出てきていました。

 

またこの森で遊びたいー!

 

活動の終わりに、一日の楽しかったことを振り返ってみました。

子ども達から、

「どこでえさを食べるか考えて、カメラを設置できたのがおもしろかった!」

「またこの森で遊びたいー」

との声が。

森の楽しさが伝わってよかったーーーー!!

 

参加者はAIカメラをいつでも確認できるようにしており、きになったその時に森の様子をみることができるようにしています。

(ちなみにみんなで設置したカメラにはさっそく動物など写っていました)

今後もどんな生き物が写って、どんな生態をみせてくれるのか楽しみです。 

 

最後に

 

デジタル環境教育はIT領域とフィールド領域での活動実績をもつCWPだからこそできる活動。

シンプルに森で遊ぶこと、学ぶことは楽しい。そこにITの力が足されればもっと面白くなるはず!

今後も環境教育×デジタルのおもしろさが掛け合わさっておもしさ爆発のプログラムを企画できればと思っております。

 

実は次回の開催は決定ずみ!

9月18日(日)デジタル環境教育の第2回を実施予定です。

次の舞台は「川」

今度はAIカメラを使って魚種の自動判定と生態の調査をやってみよう!という会を企画中です。

また詳細が決まったら広報しますので、ご都合つくかたはぜひご予定くださいませー!

小林大地(バンディ)が書いた記事

AIで生き物の生態を調べよう!デジタル環境教育~山編~ (森林環境教育)のレポート22/07/28

   7月23日に実施しました生き物学習山編の報告をさせていただきます、小林ことバンディです。 AIで生き物生態を調べようということで、AIカメラを参加者と一緒に設置してきました。 ...

SDGs
イベント
環境CDN

【豊田支社開拓PJ】9月の活動報告です!21/09/21

社内コミュニケーションの一環として始動した豊田支社?開拓プロジェクト。 9月の活動報告です。 メンバーはフィールドチームに加え、代表の瀬川、開発チーム中谷も参加しました! また、恵那市でツリ...

SDGs
イベント
その他

岐阜 大日が岳でラッセル祭りしてきました21/01/12

  某日に実施した大日が岳ビーコン練習会ならぬ、雪山ラッセル練習会の報告です。   本報告はバンディこと小林がします。   メンバー...

CWPDAY

CWP山岳部 大日ヶ岳 BCスキー19/12/23

山行日:2019年12月20日 CWP山岳部メンバー:ダン(田中)/バンディ(小林) 山行スタイル:BCスキー   今回はダンとバンディの二人で岐阜県にある大日ヶ岳へBCスキ...

CWPDAY
その他

〈名倉川漁協様〉 発眼卵放流のその後17/11/16

  こんにちは、赤ちゃん アマゴの赤ちゃんってみたことありますか? 下の動画は生まれたての、アマゴの赤ちゃんを川に放流したところです。 まだ自分で泳ぐこともできずに、川の流れに身...

つりチケ
環境CDN

<名倉川漁協様>アマゴ発眼卵放流 / 里親 イベント! レポート17/11/01

名倉川漁協様によるアマゴ発眼卵放流 / 里親 イベント、実施してきました。 なんと、当日の10/29は台風22号による影響で、大雨予報・・・ しかし、卵は日程を変えることが出来ずに送られて...

イベント
つりチケ
環境CDN

岩本川創遊会 ~石積み講習会~17/09/25

こんにちは。CWPの小林です。 今回は岩本川創遊会が実施する、石積み講習会に参加して参りました。 川で石を積む?はて、なにをするのだろうという方もいらっしゃるかもしれません。 &nb...

イベント
小さな自然再生

アマゴの発眼卵放流に参加してみた。16/11/20

先日、三重県のとある河川でアマゴの発眼卵放流に参加して参りました。 主催は三重県鈴鹿山脈を水源とする”いなべ川”を活動を拠点とする青川ネットワークのみなさん。有志で活動しているみなさんは「釣り」...

つりチケ
川遊びマップ

支援者の皆様へ、ありがとうギフトの材料を仕入れて参りました16/11/14

さて、秋が足早に過ぎ去り早くも冬の気配が漂う中 弊社団クリアウォータープロジェクトを支援してくださっている方に向けの ありがとうギフト「ヒノキコースター」の材料を確保してまいりました。 ...

カワサポ
その他

「つりチケ」ワークショップで入賞を果たす16/09/16

みなさん初めまして。 今年(一社)ClearWaterProject(以下CWP)入社致しました、小林と申します。   報告が遅くなりましたが9月10日、11日と行われまし...

つりチケ