CWPブログ

2016/07/28

流域Kids 生き物から知る流域環境学習2016第4回「農業河川と生き物」

執筆者: 伊藤匠 (ガサ男)

伊藤匠


源流部から徐々に下ってきた流域Kids。

第1回 五条川 源流 ▶︎ 水温が冷たすぎ、水が綺麗すぎて生き物の数は少ない。
第2回 五条川上流 ▶︎ 途中にあるキャンプ場を境に生き物の数がぐっと増える。良い汚れが影響していると思われる。
第3回 入鹿池 ため池 ▶︎ 繁殖した外来種により上流にいた生き物は殆ど姿を消す。

そして第4回のフィールドはここ▶︎ http://www.aqmap.info/ui/map/map#999504020

スクリーンショット 2016-07-28 17.16.33
位置関係はこんな感じ。メダカのフラグに沿って、下ってきている。

20160724_133200

暑くなってきたので、橋の下から出発です。子どもたち、ライフジャケットは暑いよなぁ。でも、命には変えられないからしっかり着よう。講師陣のウェーダーはまさにサウナです。。
20160724_133146

今回のフィールドは前回のフィールドだった入鹿池から流れる「新郷瀬川」。付近の田畑に水を供給して国宝犬山城のお堀となって、木曽川へと注ぎます。愛知県の事業で多自然化されており、護岸は緩傾斜化されていて、川の中の植生も豊かです。ガサガサポイントだらけという印象。流れはあまりなく、怪しく濁っていて、泥の臭いが些かきつい。泳ぐ気にはちょっとなれない。

20160724_133706

川にはショウブが浮島のように配置されている。元気に伸びているショウブに流域Kidsは行く手を阻まれる! 大人の背丈以上に伸びたショウブを掻き分け掻き分け進みます。途中、タモ網でガサガサするとウシガエルのオタマジャクシが入れ食い。。

そして、先頭の方から歓声が聞こえる! 急いで行ってみると、、

20160724_134134

ん? 何か持ってんぞ!!

20160724_134136

これはもしや、、

20160724_134156

カムルチーだっ!!  ライギョってやつですね。勢いよく体をくねらせていますね。ちょっとした龍の趣です。いや〜カッコイイ。けれど、これも要注意外来種なんです。汚れた水質でも生きる肉食魚で、空気呼吸もしちゃう。それにしてもでかい。ナマズは頭が平たいけどカムルチーは縦長。

20160724_134327

20160724_134745

写真で見ると長閑な感じですが、泥がかなり溜まっていて、歩くのも一苦労。一足ごとにブクブクと川底から泡が昇ってきて腐った泥の臭いが漂います。

20160724_134356
20160724_140103

女子ーずは、ウシガエルオタマジャクシを専門に採っているとのこと。笑

20160724_140014

20160724_142232

また歓声が響きます! 今度は何だ!!

20160724_134614

ナマズだーー!
20160724_151452

カムルチーに比べると何とも愛嬌のある顔をしていますね。餌の食べ過ぎでお腹パンパン。パケツが揺れるせいでザリガニをいっぱい吐き出してました。。

20160724_153548

ナマズを触りまくります。

20160724_141540

安定のミシシッピーアカミミカメ。もう泥だらけのずぶ濡れ。大物が多いねえ。

多自然化されたこの区間は、いかにも生き物が好みそうな景観をしていて、植生も沈水植物も豊か。けれど、採れる生き物はカムルチー、ミシシッピーアカミミガメ、ウシガエル、カダヤシ、ブラックバス、アメリカザリガニ、ブルーギルなどの外来種が圧倒的優勢。在来種はナマズ、カマツカ、モツゴ、コイくらいでした。肉食の大型の生き物が棲める川は基本的には豊かな川です。だってそういう生き物が食べて生きていられるほどに餌があるということですから。

20160724_154801

だから、在来種も棲めるはず。共存だってできるはずです。環境としてはとても良い。つながっている上流、源流にはたくさん在来種がいたし、ここから流れていく先には木曽川がある。なのになぜ、在来種はいないのか。

1,上流は外来種の宝庫の入鹿池で、上流部にいる在来の生き物は食べ尽くされてしまう。
2,下流の木曽川との合流部分には滝のような堰堤があって、生き物は遡上できない。
3,周囲の水田への水路はポンプ式等になっていたり、稚魚が育つ時期に中干しをしてしまうために死んでしまう。

こんなことが理由として考えられます。

 

20160724_160042

部分的に多自然化をしたとしても、そこに生き物がやってくるルートを閉ざしていたのでは生き物は増えないってことです。局所的に見ていてもダメなんですね。川はそこだけで成り立っている訳ではないですから。

川は血管のように流域という体をめぐり、水という血液を供給しているんです。それで流域という体は維持されています。体のどこかに不調が出れば、必ず血管や血液にも影響が出ます。川は流域の健全度合を図るバロメーターなんです。その意味で、子どものいない川の周りは、コミュニティーとして何か問題がある、とも言えると思っています。

20160724_160451

そういったことを生き物を通して知ってほしい。そして自分たちも流域内で、川の、水の恩恵で生かされている生き物の一部であることを知ってほしい。そういう願いと狙いでこの流域Kidsを実施しているのです。

次回はいよいよ木曽川本流へと進みます。

伊藤 匠

伊藤匠
伊藤匠(ガサ男)が書いた記事

IMG_5899

岩本川ワールドカップ201818/07/24

岩本川探検隊は、岩本川の川づくりに取り組む岩本川創遊会が主催する夏休みの岩本川大イベント。 これまであまり遊ぶ子供のいなかった岩本川の楽しさを付近の親子に知ってもらうべく始まりました。 そして...

小さな自然再生
環境CDN
eduチラシ2018年度版

環境学習塾 Edu.Nature 第2期生募集開始17/12/04

愛知県犬山市を中心に自然・生き物を守る各種事業を展開するBioGardenWithでは、今年度より全国でも珍しい、環境学習塾「Edu.Nature 必要なのは自然をみる力」を開講しています。我々Cle...

イベント
環境CDN
スクリーンショット 2017-10-25 17.06.45

トヨタミズベリングクエスト17/10/25

9/10に豊田市矢作川で開催された、 「トヨタミズベリングクエスト」の「矢作川さかな獲り名人とミニ水族館を作ろう!」に参加してきました。 親子で矢作川の魚を獲ってみようというイベント。 ...

川遊びマップ
環境CDN
IMG_1731

愛知県・五条川 小さな自然再生 苗植え付け17/08/02

カワサポにも登録している「NPO法人 トンボと水辺環境研究所」さんが取り組まれている、愛知県の五条川の小さな自然再生。 先回は植生ロールや石などで岸辺造成の基礎を作りました。 http:/...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川探検隊2017 ドジョウ3兄弟を探せ!17/07/24

今回で4回目となる岩本川探検隊。夏休みに岩本川の魅力を知ることを目的に、地元の親子を対象に実施しています。愛知県豊田市扶桑町と百々町の境を流れる岩本川では、浚渫工事後の河川再生に地元の有志「岩本川創遊...

環境CDN
IMG_1680

FGFゲームフィッシャー連盟様よりご寄付頂きました。17/07/18

この度、子供用のライフジャッケットを「FGFゲームフィッシャー連盟」様より、ClearWaterProjectにご寄付頂きました。 釣りイベントやその他川遊び等水辺のイベントで大活躍です。 ...

その他
つりチケ
川遊びマップ
IMG_1117

愛知県・五条川 小さな自然再生 岸辺造成17/05/22

愛知県北部を流れる五条川は桜の名所として有名ですが「川」そのものは、真っ平らで真っ直ぐなまるで変化のない川です。両岸もコンクリ護岸で連続性は遮断されてしまっている川です。 この五条川に岸辺を造成...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会 29年度初・川づくり17/04/29

愛知県豊田市の岩本川で取り組まれている「ふるさとの川づくり」。地元有志で結成された「岩本川創遊会」が担っています。今日は新年度一発目の川づくり。日差しも気候も心地よい! 昨年夏の川づくり...

小さな自然再生
環境CDN
IMG_0430

アユ釣りマガジン2017 カツイチ様とつりチケのコラボ広告掲載17/04/17

内外出版社刊の「アユ釣りマガジン2017」に、釣具メーカーの株式会社カツイチ様とつりチケがコラボした広告が掲載されました。 カツイチ様は「REAYU」と言うルアーを製造販売されており、ルアーで鮎...

つりチケ
IMG_0092

岩本川創遊会正式発足 〜小さな自然再生17/03/27

先日、愛知県豊田市岩本川のふるさとの川づくり事業、その母体となる地元住民の方々で構成する「岩本川創遊会」が正式に発足いたしました。 昨年初めて川づくりを実施した箇所をみんなで視察し、今後の展望と...

環境CDN