CWPブログ

2016/07/07

流域Kids 〜生き物から知る流域環境学習 第3回ため池の役割と外来種

執筆者: 伊藤匠 (ガサ男)

伊藤匠


 

回を重ねる毎に徐々に川を下っていく流域Kids。
五条川の源流、上流と見てその流れを堰き止めて造られた日本最大のため池「入鹿池」が今回のフィールド。その昔、入鹿村を沈めてできた為に「入鹿池」という。

▼学習フィールドの位置関係(PCから閲覧してください)
http://www.aqmap.info/ui/map/map#936894143

今回はみんなで釣りに挑戦。

ライフジャケットは忘れずに
ライフジャケットは忘れずに
ウキなどつけず、針に魚肉ソーセージや見つけたミミズで釣ります。
ウキなどつけず、針に魚肉ソーセージや見つけたミミズで釣ります。

釣れたのはブルーギル!! 外来種の中でも特定外来生物に指定されています。わんさかいます。上から覗くと群れて泳いでいるのがよく分かるほど。

ブルーギル!
ブルーギル!
またブルーギル!!
またブルーギル!!
釣れるぞ釣れる、ブルーギル
釣れるぞ釣れる、ブルーギル
もう何匹釣れたのかわかりません。。
もう何匹釣れたのかわかりません。。
陸封型のテナガエビも。
陸封型のテナガエビも。

周りには、ルアーフィッシングを楽しんでいる人たちもちらほら。狙いはオオクチバス(ブラックバス)、ブルーギルのようです。

ん? これはまさか!
ん? これはまさか!

そして、釣れたブルーギルを、、、唐揚げにして食べます! 皆んなで血抜きをして、腸をとります。嫌がるかと思ったら、子どもたちは楽しそうに次から次へと手慣れた様子でこなします。大したもんだ。

エラの一部を切って血抜き
エラの一部を切って血抜き
どんどん処理します
どんどん処理します
ハサミで腹を切って腸を取り出します
ハサミで腹を切って腸を取り出します
みんな真剣。
みんな真剣。
そしてどんどん揚げられて、、
そしてどんどん揚げられて、、
入鹿池産獲れたてブルーギルの唐揚げです。
愛知県入鹿池産獲れたてブルーギルの唐揚げです。
味は如何に!!
味は如何に!!

 

ブルーギルを味わった後は、今回のまとめ。

上流と比べて、採れた生き物は?
上流と比べて、採れた生き物は?

第2回上流の生き物では、10種類以上の魚が獲れました。源流部との比較も勉強しました。
この第3回では見られた生き物の多くは外来種と呼ばれる元々は日本には生息していなかった生き物でした。ブルーギル、オオクチバス、アメリカザリガニ、ミシシッピーアカミミガメ、ウシガエル、今回は獲れなかったけどカムルチー(雷魚)。
人工的に作られたため池に、人為的に持ち込まれた生き物が大繁殖して、上流で見られた魚のほとんどが姿を消します。元々生息していなかった生き物にとって、新たな環境は天敵のいない環境であり、繁殖が容易です。それぞれが捕食者となって在来の生き物を駆逐してしまいます。犬山、小牧、丹羽郡の農業用水の確保として造られた入鹿池の重要な側面です。

講師からは「私たちはどうすれば良いか?」という問いを投げかけ、子どもたちに考えてもらいました。正解はないのかもしれない。けれど、大事なのは生き物は悪くないということ。ブルーギルだって、オオクチバスだって懸命に生きているだけですから。

私たち人間の行いによって「外来種」にされてしまったのです。外来種駆除を叫ぶ看板を見る度にそのことへの言及がないのが不思議でなりません。

子どもたちに生き物を大切にと言いながら、この生き物は生きていて良くて、あの生き物は生きていてはダメだと、どうやって教えたらいいでしょう。それはやはり私たち人間の間違った行いを認めて、大いに反省することから始めるべきでしょう。

今回、採ったブルーギルをその場で食べたのは、廃棄物として処分する以外に、食べる、という選択肢を考えて欲しかったから。その他、農業用の飼料にしていたりすることにも触れました。根絶は出来ないかもしれないけれど、地道に数を減らす努力をしていけば、その分、在来種の生きることができる割合は増えるでしょう。

次回はこの入鹿池から流れ出る下流の川を探検します。生き物はどうなっているのか?

伊藤 匠

【 参考サイト  】
・AQMAP 水辺問題を見える化する  http://www.aqmap.info/
・カワサポ 流域環境団体を支援する https://www.kawa-supporters.net

伊藤匠
伊藤匠(ガサ男)が書いた記事

IMG_5899

岩本川ワールドカップ201818/07/24

岩本川探検隊は、岩本川の川づくりに取り組む岩本川創遊会が主催する夏休みの岩本川大イベント。 これまであまり遊ぶ子供のいなかった岩本川の楽しさを付近の親子に知ってもらうべく始まりました。 そして...

小さな自然再生
環境CDN
eduチラシ2018年度版

環境学習塾 Edu.Nature 第2期生募集開始17/12/04

愛知県犬山市を中心に自然・生き物を守る各種事業を展開するBioGardenWithでは、今年度より全国でも珍しい、環境学習塾「Edu.Nature 必要なのは自然をみる力」を開講しています。我々Cle...

イベント
環境CDN
スクリーンショット 2017-10-25 17.06.45

トヨタミズベリングクエスト17/10/25

9/10に豊田市矢作川で開催された、 「トヨタミズベリングクエスト」の「矢作川さかな獲り名人とミニ水族館を作ろう!」に参加してきました。 親子で矢作川の魚を獲ってみようというイベント。 ...

川遊びマップ
環境CDN
IMG_1731

愛知県・五条川 小さな自然再生 苗植え付け17/08/02

カワサポにも登録している「NPO法人 トンボと水辺環境研究所」さんが取り組まれている、愛知県の五条川の小さな自然再生。 先回は植生ロールや石などで岸辺造成の基礎を作りました。 http:/...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川探検隊2017 ドジョウ3兄弟を探せ!17/07/24

今回で4回目となる岩本川探検隊。夏休みに岩本川の魅力を知ることを目的に、地元の親子を対象に実施しています。愛知県豊田市扶桑町と百々町の境を流れる岩本川では、浚渫工事後の河川再生に地元の有志「岩本川創遊...

環境CDN
IMG_1680

FGFゲームフィッシャー連盟様よりご寄付頂きました。17/07/18

この度、子供用のライフジャッケットを「FGFゲームフィッシャー連盟」様より、ClearWaterProjectにご寄付頂きました。 釣りイベントやその他川遊び等水辺のイベントで大活躍です。 ...

その他
つりチケ
川遊びマップ
IMG_1117

愛知県・五条川 小さな自然再生 岸辺造成17/05/22

愛知県北部を流れる五条川は桜の名所として有名ですが「川」そのものは、真っ平らで真っ直ぐなまるで変化のない川です。両岸もコンクリ護岸で連続性は遮断されてしまっている川です。 この五条川に岸辺を造成...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会 29年度初・川づくり17/04/29

愛知県豊田市の岩本川で取り組まれている「ふるさとの川づくり」。地元有志で結成された「岩本川創遊会」が担っています。今日は新年度一発目の川づくり。日差しも気候も心地よい! 昨年夏の川づくり...

小さな自然再生
環境CDN
IMG_0430

アユ釣りマガジン2017 カツイチ様とつりチケのコラボ広告掲載17/04/17

内外出版社刊の「アユ釣りマガジン2017」に、釣具メーカーの株式会社カツイチ様とつりチケがコラボした広告が掲載されました。 カツイチ様は「REAYU」と言うルアーを製造販売されており、ルアーで鮎...

つりチケ
IMG_0092

岩本川創遊会正式発足 〜小さな自然再生17/03/27

先日、愛知県豊田市岩本川のふるさとの川づくり事業、その母体となる地元住民の方々で構成する「岩本川創遊会」が正式に発足いたしました。 昨年初めて川づくりを実施した箇所をみんなで視察し、今後の展望と...

環境CDN