CWPブログ

2016/09/30

流域Kids 生き物から知る流域環境学習2016第7回 最終回「干潟の生き物と役割」

執筆者: 伊藤匠 (ガサ男)

伊藤匠


 

流域Kids 2016も今回で最終回。
遂に、干潟までたどり着きました。冷たい源流だった川は、大河となって潮風の中を流れていきます。

雨の多い今秋、この日も断続的に雨が降ります。やれやれとも思いますが、雨が低いところに集まって川となって、生き物を生かしていく、ということを学んでいるわけですから雨を忌避する理由はありません。安全面には配慮しますが、 命の源を避けて環境学習もないでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終回のフィールドは木曽川の河口部。干潟です。
干潟は海面の潮位変化に伴って現れる、川底のこと。海からの海水と川からの淡水が混ざる汽水域の周辺です。

フィールドの場所はAQMAPから確認できます(パソコンで閲覧してください)。
▶︎ http://www.aqmap.info/ui/map/map#1384914304

汽水域や干潟には少し海水の混じった環境を好む生き物が棲んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グチャグチャのドロドロ。不意に30センチ以上足が埋まってしまうことも。引っ張ってもらわないと抜けられません。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潮のタイミングだったので、徐々に水が引き、干潟が姿を表します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだ、水が引く前
水が引いていく
水が引いていく

地面できた無数の穴。カニが潜んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
では、採れた生き物をご紹介。

アシハラガニ
アシハラガニ
アシハラガニ
アシハラガニ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベンケイガニ
ベンケイガニ
大漁
大漁
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
マハゼ
マハゼ
テナガエビ
テナガエビ
アベハゼ
アベハゼ

多くの生き物は、水草や落ち葉の朽ちたもの、生き物の排泄物や死骸などが細かくなった「デトリタス」を食べています。干潟は本来は川底ですから、つまり干潟はデトリタスや泥が堆積した場所とも言えます。

俗にドブと言われるところでは腐臭が漂います。それがヘドロです。堆積した泥のそのまた底の泥が空気に触れることなく「嫌気化」することによって発生する腐臭です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟は土砂やデトリタスが最終的に溜まるところですから、本来であればヘドロの匂いに満ちているはずです。そうならないのは、上に挙げた生き物やゴカイ、微生物などの様々な生き物が、泥の中のデトリタスを食べる行為を通じて、泥の中に空気を送り込むことによって嫌気化を防いでいるわけです。そしてそう言った生き物を狙って鳥や大型の捕食者も現れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山から川を通って運ばれてきた様々なものの集積地である河口部には、やはりそこを住処とし、糧とする生き物が適応しているのです。それらの生き物によって環境が保たれているのです。

img_7908

img_7909

これまで流域Kidsでは全7回に渡って、木曽川流域を降ってきました。様々な景観とそれに対応した生き物を探して、採って、育てて学ぶことで「流域」というものを感じて欲しいという願いからです。

Slide4

私たちは本来的には、名古屋市に住んでいる、岐阜市に住んでいる、のではなく「庄内川流域」に住んでいるのだし、「木曽川流域」に住んでいるのです。

Slide2

水が高いところから低いところに流れる、と言う自明の理によって大地は形成されています。山に降った雨は低いところへと流れ、集まって川となり、さらに低い海に向かって流れつつ様々な生き物を生かし、人間社会の文明を支えています。そして海へと注いだ水は再び雨となってゆく。この水循環の単位こそが流域です。

ですから、流域は川とだけ結びついているものではなく、流域内の全てと繋がっているものなのです。

しかし現実は流域を無視して行政区は分けられているし、行政システムは縦割りと言われるように連携せず画一的、点的です。それをベースに防災、一次産業、生物多様性、水資源を論じるから無理が生じてしまうのです。大学の教育も同じような学部の構成です。流域はそれらすべての分野を横串で貫く思考です。

私がよく言う「川は血管、水は血液」という言葉は、まさにその意味で、流域という体の隅々に巡らされた川(血管)によって水(血液)が運ばれることによって、流域は健康体で居られるわけです。

体のどこかに症状が出れば、すぐに血液に影響が出て、体中を巡っていくのです。血管を見れば血液を見れば、体の、だから流域の状態がよくわかります。

また、河原にゴミが散逸し、誰も川に関心を持たず、人が見向きもしない川があれば、周辺の人間社会のコミュニティーも病んでいると言えます。

子供たちには、人間の文明や自分たちの生活が、川や生き物に影響を及ぼしていること、また、川や生き物の存在に依存して生きている事を学んで欲しいのです。

人間もまた流域で、川の、水の恩恵で生かされている生き物の一つである事を知って欲しい。自然と人間を対立軸で考えるのは間違いです。同じところにいるのです。まずはそこからわからなければ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
共同講師の宮田氏(右)と私(左)。

ありがとうございました。また来年。

伊藤 匠

※流域Kidsはモリコロ基金の助成対象事業です

伊藤匠
伊藤匠(ガサ男)が書いた記事

eduチラシ2018年度版

環境学習塾 Edu.Nature 第2期生募集開始17/12/04

愛知県犬山市を中心に自然・生き物を守る各種事業を展開するBioGardenWithでは、今年度より全国でも珍しい、環境学習塾「Edu.Nature 必要なのは自然をみる力」を開講しています。我々Cle...

イベント
環境CDN
スクリーンショット 2017-10-25 17.06.45

トヨタミズベリングクエスト17/10/25

9/10に豊田市矢作川で開催された、 「トヨタミズベリングクエスト」の「矢作川さかな獲り名人とミニ水族館を作ろう!」に参加してきました。 親子で矢作川の魚を獲ってみようというイベント。 ...

川遊びマップ
環境CDN
IMG_1731

愛知県・五条川 小さな自然再生 苗植え付け17/08/02

カワサポにも登録している「NPO法人 トンボと水辺環境研究所」さんが取り組まれている、愛知県の五条川の小さな自然再生。 先回は植生ロールや石などで岸辺造成の基礎を作りました。 http:/...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川探検隊2017 ドジョウ3兄弟を探せ!17/07/24

今回で4回目となる岩本川探検隊。夏休みに岩本川の魅力を知ることを目的に、地元の親子を対象に実施しています。愛知県豊田市扶桑町と百々町の境を流れる岩本川では、浚渫工事後の河川再生に地元の有志「岩本川創遊...

環境CDN
IMG_1680

FGFゲームフィッシャー連盟様よりご寄付頂きました。17/07/18

この度、子供用のライフジャッケットを「FGFゲームフィッシャー連盟」様より、ClearWaterProjectにご寄付頂きました。 釣りイベントやその他川遊び等水辺のイベントで大活躍です。 ...

その他
つりチケ
川遊びマップ
IMG_1117

愛知県・五条川 小さな自然再生 岸辺造成17/05/22

愛知県北部を流れる五条川は桜の名所として有名ですが「川」そのものは、真っ平らで真っ直ぐなまるで変化のない川です。両岸もコンクリ護岸で連続性は遮断されてしまっている川です。 この五条川に岸辺を造成...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会 29年度初・川づくり17/04/29

愛知県豊田市の岩本川で取り組まれている「ふるさとの川づくり」。地元有志で結成された「岩本川創遊会」が担っています。今日は新年度一発目の川づくり。日差しも気候も心地よい! 昨年夏の川づくり...

小さな自然再生
環境CDN
IMG_0430

アユ釣りマガジン2017 カツイチ様とつりチケのコラボ広告掲載17/04/17

内外出版社刊の「アユ釣りマガジン2017」に、釣具メーカーの株式会社カツイチ様とつりチケがコラボした広告が掲載されました。 カツイチ様は「REAYU」と言うルアーを製造販売されており、ルアーで鮎...

つりチケ
IMG_0092

岩本川創遊会正式発足 〜小さな自然再生17/03/27

先日、愛知県豊田市岩本川のふるさとの川づくり事業、その母体となる地元住民の方々で構成する「岩本川創遊会」が正式に発足いたしました。 昨年初めて川づくりを実施した箇所をみんなで視察し、今後の展望と...

環境CDN
img_8717

秋キャン in 芝川漁協16/11/27

  富士山を間近に望む静岡県富士宮を流れる芝川。 富士川の支流にあたる。その芝川を管轄するのが芝川観光非出資漁業協同組合だ。 [caption id="attachment...

つりチケ
川遊びマップ