CWPブログ

2017/12/27

外来生物等を美味しく食べる忘年会&歓迎会

執筆者: 永田みゆき (エクセル)

永田みゆき


CWP忘年会&歓迎会開催!

12月の半ばにCWPスタッフ一同で忘年会&歓迎会をしました。

オードブルやピザ、ビールにカクテルにワインなど、たくさんのお料理と飲み物を囲んで乾杯!

事務所で開催したので、お店ではできないCWPらしさ満載の忘年会になりました。

夏から使い始めた新事務所のキッチン設備はなかなか充実しているので、これを生かさない手はありません!

料理好きなスタッフも多いので、腕によりをかけてスペシャルメニューが振る舞われました。

代表瀬川のお手製ローストビーフと燻製チキンは見た目も豪勢でボリュームたっぷり、もちろん味も格別!あまりの美味しさに、食べるのに夢中になってしまって写真を撮り忘れたのが残念です。

西山の手作りアヒージョも、ガーリックをしっかり効かせたオリーブオイルに彩り豊かな野菜とぶつ切りのタコがたくさん。スキレットで調理して見た目もオシャレ、テーブルが華やぎました。とても美味しくて、おかわりも頂きました!

アヒージョ

 

宴会の半ばで、新人スタッフの市川と矢吹が皆の前で自己紹介。

それからスタッフ全員が順番に今年一年を振り返って2分間ずつスピーチ。

みんな真剣にそれぞれの業務に取り組んできたことや、CWPの事業に対する熱意などがしっかりと伝わってきて、とても充実した時間になりました。

中でも特筆すべきは、外来生物や天然うなぎ、ジビエやニジマスなどをみんなで味わったことです。

河川や環境について難しく論じるのではなく、楽しみながら行動しようという、まさにCWPらしい活動。

そんな料理の数々をご紹介していきます!

 

 

外来生物を美味しく駆除!? アメリカザリガニのフリッター

時々ニュースなどで取り上げられている、特定外来生物。

もともと日本の生物ではないのに日本に定着してしまった生物の中で、日本の本来の生態系に深刻な問題をもたらすものがこの特定外来生物に指定されています。たとえばアライグマやカミツキガメ、ブルーギルなどがよく知られています。特定外来生物は輸入、販売、飼育などが法律で禁じられています。

また、特定外来生物法の規制対象以外でも、本来の生態系に悪影響を及ぼす可能性のある生物を選定した「生態系被害防止外来種リスト」というものがあります。

今回は、この生態系被害防止外来種リストに挙がっているアメリカザリガニの料理を堪能しました!

捕獲してきたのは最若手スタッフ小林。

持ち前の体力と行動力で、数日前に近くの川に入りアメリカザリガニを捕獲してきてくれました。

サイズは小指の先ほどの小さなものから親指大のものまで。

3日ほど水を張ったバケツに入れて泥を吐かせてあります。

まずは、沸騰したお湯で12分以上しっかりと茹でます。

ジストマなどの寄生虫がいる場合もあるため、必ず12分以上茹でることが大切だそうです。

ちなみにジストマは人の肝臓や肺に寄生し、肝硬変のような症状をもたらしたり、咳や血痰の原因となったり、脳まで侵入した場合は死亡することもあるので、決して甘く見てはいけません。

とはいえ、きちんと加熱処理しておけば、もし寄生虫がいたとしても問題ありません。その辺、小林がきっちりタイマーで計って12分間ぐらぐら湯がいていたので安心です。

これが茹でたてのアメリカザリガニ。

ほかほか湯気が立っています。

アメリカザリガニ ゆでたて

この後、油で揚げるのですが、その前に小林が1匹試食。

そして感想。

「うーん、若干の泥臭さがスゴイ!」

ええと、なんと申しましょうか…。「若干の泥臭さ」なら、ちょこっと泥臭いのかなーと思いますが。でも、スゴイってどういうこと??実はすごく泥臭い??なんか、食べるの怖いんですけど…。

少々不安にもなりましたが、油で揚げたものを忘年会が始まった後に食べてみたら、泥臭さは全く気になりませんでした。

アメリカザリガニのフリッターと燻製チキン

エビのような風味があって、香ばしく揚がっていて美味しい!!

アメリカやオーストラリアでは日常的に食べられているそうですが、それも納得の味でした。

ちなみに、帰宅後、小学生の娘に「天白川で獲ったザリガニを食べてきたよ」と話したら、とてもうらやましがられました。天白川は我が家の近くなので、娘にとってもなじみのある川です。「今度天白川に行ったら、私もザリガニ獲って食べたい!」と言ってました。

川遊びに行ったついでにアメリカザリガニをとって、家庭で調理して子どもと一緒に美味しく駆除、というのも楽しそうです。

今回、CWP忘年会の食卓にのぼった外来生物はアメリカザリガニだけでしたが、今後はブラックバスやブルーギルの料理にも挑戦してみたいところです。

 

 

天然ウナギを食べながら河川環境を考える!

こちらは外来生物ではなく、日本在来の天然ウナギです。

川遊びマップブログの編集長である伊藤が、豊川の河口付近で捕まえてきました。

調理したのは新入社員の市川。

今日の歓迎会で歓迎されるはずの市川がなぜか働かされているという、ちょっと申し訳ない状況。

ちなみにこの時もう一人の新人、矢吹もしっかりテーブル準備を手伝っております。

天然うなぎをさばく

さて、まだ生きているウナギを目打ちでまな板に固定し、ウナギ専用の包丁、ウナギ裂きでさばいていきます。

ウナギ裂きを持っている家庭は少ないように思いますが(少なくとも我が家にはありません)、さすがマイ・ウナギ裂きを持っているだけあって、ウナギをさばく市川の手つきはとても見事でした。

ウナギを獲ってきた伊藤が横から覗き込んで、「ウナギの血には毒があるから俺は触れないけど、よろしくな!」と励まし(?)の一言。うーん、これがここの新人歓迎方法??いやいや、市川の手腕を見込んで全幅の信頼を寄せている証ということで(笑)

そして、どうでしょう、このさばき具合!肝まできれいに取り出してあります。

まだ動いているウナギをこんな風にさばける一般人って、そうはいないはずです。少なくとも私にはできません。主婦歴十年以上なんですが…。

天然うなぎ さばきたて

そして、完成したウナギ料理がこちら!!

タレも市川の手作りです。

天然うなぎ料理完成

皆で分け合って食べたので一口ほどしかありませんでしたが、ほどよく脂が乗っていて、焼き加減も絶妙で、とても美味しかったです。

これだけ魚を(魚料理を?)愛している市川、今後の活躍に乞うご期待!!

 

 

ジビエ料理と獣害問題

先日、京都府の高校内にイノシシが侵入してきたというニュースが報じられました。

少子高齢化が進んだ昨今、里山を手入れする人手も不足してイノシシやクマ、シカなどによる獣害の報道を耳にすることが増えているように感じます。

こうした獣害をただ駆除するのではなく、ジビエ料理に活用できれば色々と社会的な意義もあるはずです。

と、まあ、難しい話題はここまでにして、CWP忘年会では小菅村から取り寄せたイノシシを皆で味わいました!

ジビエ イノシシ肉 調理中

調理担当は岡本。フライパンで焼き肉に。

イノシシを取り寄せてくれたのも岡本です。

完成品の写真をとりそびれてしまいましたが、とても美味しかったです!!

豚肉よりも肉の味がしっかりと濃くて、脂もしつこくありません。

歯ごたえもあり、お肉をガッツリ食べている充実感があります。

ぜひまた次の機会にも味わいたい美味しさでした!

 

 

ニジマスの燻製と川釣りの将来

忘年会の前日、田中は重要な使命を帯びて川にいました。

いったいどんな使命だったのでしょうか?

それはずばり、忘年会の食卓に提供するニジマスを釣ることです!

社員全員のため、身を挺して凍えそうな冬の川で魚を釣る…なんと気高い自己犠牲でしょう!(だれですか、そこで笑ってるのは)

ちなみに用事で田中にメッセージを送るついでに「寒い中お疲れ様です」と労ったら、「全く疲れてません(^^;」という楽しそうな返信が来ました(笑)

とはいえ、真冬の寒さの中、朝から夕方まで1日掛かりで川釣りをするというのは大変なことに違いありません。そんな大変な思いをして釣ってきてくれるニジマスの味はきっと格別です。

釣果は、朝から夕方まで一日掛かりで5匹でした。

ニジマス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、つまり忘年会の当日に、屋上緑化したバルコニーで燻製器にかけます。燻製担当は代表の瀬川です。

燻製器

忘年会の準備が大詰めを迎えるころ、ニジマスの燻製が終わりました。

さてさて、どんな仕上がり具合でしょうか?

アマゴ燻製

見たところ、いい感じに燻されています。

スモークのいい匂い!美味しそうです。

ところで、ニジマスの背景に写っているのは開発部門の木曽と越澤です。皆が楽し気に忘年会ムードで準備している横で真剣に仕事をしています。このとき三沢と森川もそれぞれまだ仕事中。どんな時でも仕事には絶対に手を抜かない、これもまたCWPらしさかと。

アマゴ燻製 仕上がり確認

田中がニジマスに包丁を入れて火の通り具合を確認。何しろ川魚ですから、生焼けだと寄生虫のおそれがあります。

結局まだ半分ほど生っぽい状態でした。

この後、時間をかけてまた燻製し直し。

残念ながら私こと永田と橋口は早めに帰宅したため、ニジマスの燻製を食べることはできませんでしたが、きっと美味しかったはずです。来年こそは食べたいなー(笑)

ところで、今回のニジマス釣りからも分かるように、田中はこよなく川釣りを愛しています。そして、だからこそ日本の川釣りの将来を真剣に案じています。川釣りを通じて河川環境を守っていきたいと考え、それがCWPの活動にもつながっているのです。

川釣りの楽しさを多くの人が知り、川に関心を持つことで、各地の河川環境が良くなっていくように……。その思いが具現化したのが、今年の秋に初めて実施した名倉川漁協様と実施したアマゴの発眼卵放流という事業です。

数年後は石徹白漁協様の峠川のように放流なしで自然繁殖する状態を目指して取り組んでいます。

一年や二年ですぐに結果が出るわけではない、長期スパンの計画ですが、千里の道も一歩から。今後もしっかり取り組んでまいります。

 

来年もよろしくお願いします!

今回の忘年会&新年会、まさにCWPらしさが随所ににじみ出ていたと思います。

また来年もCWPらしさ満載の活動をしていきます!

皆様どうぞよろしくお願いいたします!!

永田みゆき
永田みゆき(エクセル)が書いた記事

KIMG1965

【子供が自力で魚をとって食べるパーティー】in 野原川観光センター18/06/19

6月の週末、CWPの内部企画として【子供が自力で魚をとって食べるパーティー】を開催しました! 集まったのはCWPスタッフの希望者とその家族、大人6人と子供5人の総勢11人。 場所は愛知県豊...

その他
DSCF0237

アマゴ稚魚、放流してきました!18/02/28

段戸川を泳ぐアマゴの稚魚たち 2/21、愛知県豊田市の段戸川にて、アマゴの稚魚を放流してきました。 名倉川漁協様が実施している、段戸川のキャッチ&リリース区間設立に向けた取り組みのお手伝いの一...

つりチケ
事務所の壁の全国地図。今回登録頂いた漁協様の所在地に赤丸シールを追加。目指せ全国制覇!

つりチケ登録漁協、順調に増えています!18/02/15

つりチケ、四国初の登録漁協 昨年末に入社した矢吹が、先週、四国の漁協様をまわってきました。 全国各地で少しずつ登録漁協が増えているつりチケですが、四国はまだ空白でした。 あいにくの大雪で...

つりチケ
1

第1回 社内写真コンテスト開催!18/01/25

第1回 社内写真コンテストを開催しました! 先日、社内全体ミーティングの際に、第1回社内写真コンテストを開催しました。 当ブログや川遊びマップブログに掲載する良質な写真を集めるというのが本来の...

その他
srBEHrKwMz84kGA1515470816_1515471320

本年もよろしくお願いいたします!18/01/10

あけましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします。 ClearWaterProjectは9日より通常営業を開始しております。 関係各位、支援者の皆さまには本年も変わらぬご...

その他
IMG_3934

外来生物等を美味しく食べる忘年会&歓迎会17/12/27

CWP忘年会&歓迎会開催! 12月の半ばにCWPスタッフ一同で忘年会&歓迎会をしました。 オードブルやピザ、ビールにカクテルにワインなど、たくさんのお料理と飲み物を囲んで乾杯! ...

その他
アマゴ稚魚1201①

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.417/12/14

アマゴ孵化から41日経過 全国的に冬型の気圧配置になり、北海道や日本海側は雪や雨という予報ですが、ここ東海地方は穏やかに晴れています。 ただ、冷え込みはかなり厳しくなりました。 事務所の...

カワサポ
つりチケ
環境CDN
小菅村クルミとまな板1204

クルミの活用法 ーまな板磨きー17/12/04

カワサポのありがとうギフト製作のために買ってきた小菅村のクルミ。 ひとまず試しに、事務所のまな板を磨いてみることにしました。 白木のまな板。 以前にスタッフの田中が購入してき...

カワサポ
アマゴ稚魚 11/27②

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.317/11/27

アマゴ発眼卵放流から1か月経過 10/29に実施された名倉川漁協様のアマゴ発眼卵放流イベントから約1か月が経ちました。 ここ1~2週間ですっかり寒くなり、秋から冬へ、季節の移ろいを感じます。 ...

イベント
つりチケ
環境CDN
アマゴ稚魚育成ペットボトル

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.217/11/20

CWP事務所のアマゴ稚魚 いま、CWP事務所ではアマゴ稚魚を育てています。   水槽が写っていますが、この水槽にいるのは海の魚です。 アマゴの稚魚は水槽の下のペッ...

イベント
つりチケ
環境CDN