CWPブログ

2018/02/28

アマゴ稚魚、放流してきました!

執筆者: 永田みゆき (エクセル)

永田みゆき


段戸川を泳ぐアマゴの稚魚たち

2/21、愛知県豊田市の段戸川にて、アマゴの稚魚を放流してきました。

名倉川漁協様が実施している、段戸川のキャッチ&リリース区間設立に向けた取り組みのお手伝いの一環です。

先月にも稚魚の放流に来たのですが、その時は辺り一面まるでスキー場のような雪景色でした。

今回は一部の岩に雪が残っていたり、流れの緩やかな水面が凍りついていたり、まだまだ冬の名残はありましたが、ほとんどの雪はとけて春の気配が感じられました。

この日は段戸川の支流である小田木川から14箱のバイパードボックス(発眼卵箱)を引き上げました。

DSCF0211

 

 

 

 

 

 

 

バイパードボックスは数か所に分けて設置してあり、上の画像はその一か所です。スタッフの足元近くに沈めてあるプラスチック製の箱、見えますでしょうか?

箱の上には、流されていかないよう小石を積んであります。

蓋を開けてみると……

DSCF0219

 

 

 

 

 

 

 

なんとたくさんの稚魚たち!

孵化率は低く見積もっても8割、設置場所の環境に恵まれていたものは9割超でしょうか。

バイパードボックスから引き揚げてすぐに、バケツの中で泳ぎ回る元気な個体がたくさんいました。泳ぎ回るというのは自力でエサをとる準備が整っている証拠。

DSCF0228

 

 

 

 

 

 

 

1月からこれまで数回にわたって少しずつバイパードボックスを引き揚げ、稚魚放流してきましたが、今までの稚魚たちはほとんどバケツの底に沈んで動きませんでした。

まださいのう(栄養の袋)が多少残っていて、自力でエサをとる準備もできていなかったのでしょう。

それを考えると、やはり、放流時期としては、2月下旬の今の時期辺りが適切なようです。もっとも、その辺は今後も調査が必要ですが。

DSCF0237

 

 

 

 

 

 

 

今回の放流ポイントは段戸川本流と、支流である小田木川の数カ所ずつ。

以前に放流したポイントと重ならないよう、まだ放流していない場所を選んで実施しました。

本来、放流は本流ではなく支流にするのですが、たまたま段戸川本流にはちょうど稚魚の生息に適したワンドのようなポイントがあります。前回もそこに放流しましたが、けっこう広い場所なので、前回とは重ならないあたりに放流してきました。

DSCF0241

 

 

 

 

 

 

 

上の画像ではすごく分かりづらいですが、川底に積もった落ち葉の上に、放流した稚魚たちがじっとしています。

ざっと見、放流直後に元気よく泳ぎ回っている稚魚も約3~4割ほどいましたが、残りは水底にじっと沈んでいました。

せっかくなので、泳いでいる動画もどうぞ!

風はそんなに冷たくなく、川面に小さな虫も飛んでいたので、きっとエサになる虫もいるはず。

本格的な春になる頃には、稚魚ももう少し大きく育っていることでしょう。

今回の作業で、2017年度の放流業務は完了です。

昨年10月からトータルで4万粒の発眼卵を育てて放流しました。

卵から上記のような稚魚になった割合は80~90%。

稚魚から後の生育率が10%と仮定すると、3千数百匹ほどが育つ計算です。段戸川と小田木川の限られた区間でそれだけのアマゴが泳ぐとしたら、これはなんともすごい数。

来年以降も同様の取り組みを実施するようなので、ご興味のある方はぜひ発眼卵放流イベントからご参加ください。

当ブログからもイベントの開催告知をしていきますので、ぜひまたご覧くださいね!

関連記事はこちら↓↓↓

アマゴ発眼卵放流 / 里親 イベント! レポート

 

 

永田みゆき
永田みゆき(エクセル)が書いた記事

KIMG1965

【子供が自力で魚をとって食べるパーティー】in 野原川観光センター18/06/19

6月の週末、CWPの内部企画として【子供が自力で魚をとって食べるパーティー】を開催しました! 集まったのはCWPスタッフの希望者とその家族、大人6人と子供5人の総勢11人。 場所は愛知県豊...

その他
DSCF0237

アマゴ稚魚、放流してきました!18/02/28

段戸川を泳ぐアマゴの稚魚たち 2/21、愛知県豊田市の段戸川にて、アマゴの稚魚を放流してきました。 名倉川漁協様が実施している、段戸川のキャッチ&リリース区間設立に向けた取り組みのお手伝いの一...

つりチケ
事務所の壁の全国地図。今回登録頂いた漁協様の所在地に赤丸シールを追加。目指せ全国制覇!

つりチケ登録漁協、順調に増えています!18/02/15

つりチケ、四国初の登録漁協 昨年末に入社した矢吹が、先週、四国の漁協様をまわってきました。 全国各地で少しずつ登録漁協が増えているつりチケですが、四国はまだ空白でした。 あいにくの大雪で...

つりチケ
1

第1回 社内写真コンテスト開催!18/01/25

第1回 社内写真コンテストを開催しました! 先日、社内全体ミーティングの際に、第1回社内写真コンテストを開催しました。 当ブログや川遊びマップブログに掲載する良質な写真を集めるというのが本来の...

その他
srBEHrKwMz84kGA1515470816_1515471320

本年もよろしくお願いいたします!18/01/10

あけましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いいたします。 ClearWaterProjectは9日より通常営業を開始しております。 関係各位、支援者の皆さまには本年も変わらぬご...

その他
IMG_3934

外来生物等を美味しく食べる忘年会&歓迎会17/12/27

CWP忘年会&歓迎会開催! 12月の半ばにCWPスタッフ一同で忘年会&歓迎会をしました。 オードブルやピザ、ビールにカクテルにワインなど、たくさんのお料理と飲み物を囲んで乾杯! ...

その他
アマゴ稚魚1201①

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.417/12/14

アマゴ孵化から41日経過 全国的に冬型の気圧配置になり、北海道や日本海側は雪や雨という予報ですが、ここ東海地方は穏やかに晴れています。 ただ、冷え込みはかなり厳しくなりました。 事務所の...

カワサポ
つりチケ
環境CDN
小菅村クルミとまな板1204

クルミの活用法 ーまな板磨きー17/12/04

カワサポのありがとうギフト製作のために買ってきた小菅村のクルミ。 ひとまず試しに、事務所のまな板を磨いてみることにしました。 白木のまな板。 以前にスタッフの田中が購入してき...

カワサポ
アマゴ稚魚 11/27②

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.317/11/27

アマゴ発眼卵放流から1か月経過 10/29に実施された名倉川漁協様のアマゴ発眼卵放流イベントから約1か月が経ちました。 ここ1~2週間ですっかり寒くなり、秋から冬へ、季節の移ろいを感じます。 ...

イベント
つりチケ
環境CDN
アマゴ稚魚育成ペットボトル

家庭でもできる!? アマゴの稚魚を育ててみよう! Vol.217/11/20

CWP事務所のアマゴ稚魚 いま、CWP事務所ではアマゴ稚魚を育てています。   水槽が写っていますが、この水槽にいるのは海の魚です。 アマゴの稚魚は水槽の下のペッ...

イベント
つりチケ
環境CDN