CWPブログ

2017/07/24

岩本川探検隊2017 ドジョウ3兄弟を探せ!

執筆者: 伊藤匠 (ガサ男)

伊藤匠


今回で4回目となる岩本川探検隊。夏休みに岩本川の魅力を知ることを目的に、地元の親子を対象に実施しています。愛知県豊田市扶桑町と百々町の境を流れる岩本川では、浚渫工事後の河川再生に地元の有志「岩本川創遊会」が取り組んでおり、探検隊はその一環。

私たちClearWaterProjectも1年目よりお手伝いさせて頂いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

地元の親子約30名が参加。今年のテーマは「ドジョウ3兄弟を探せ!」。

岩本川にはドジョウの仲間のうち、ドジョウ、ニシシマドジョウ、ホトケドジョウが生息しています。この3種はそれぞれ好む生息環境が分かれています。

Slide1

つまり、多様な河川環境がないと生息しえないわけです。ドジョウを見つけながら、環境の多様性が棲める生き物の多様性と比例することを参加者に感じ取ってほしい。そして川づくりもそんな観点で進むと素晴らしいなと、そんな願いを込めました。

昨年実施した「ikimon GO!」ではチーム戦で取れた生き物を競うという方式で実施したところ、とても盛り上がったこともあり、今年もその流れでチーム戦。但し、ドジョウ3兄弟に因んで「●●3兄弟」を見つけるというルールに。

Slide2

岩本川創遊会の小野内会長(隊長)、自治区長さん、市議会議員の岩田先生にご挨拶をいただき、探検スタートです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会の働きかけによって、これまで水際に降りられなかった岩本川に階段が出来ました。これで誰もが楽々と水際へと遊びに降りられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

創遊会の活動は着実に広がりを見せており、今夏は地元の小学校の授業で子どもたちが入ったり、地元の交流館が子ども向けの生き物調査の講座をしたりと素晴らしい広がりを見せています。3年前まではあまり興味を持たれなかった川に、多くの人が価値を発見し注目しているのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

川づくりの実験中の岩本川。水制工でおいた石の影響で少しずつ、深さが現れています。参加者はタモ網とバケツを手に、事前レクチャーで聞いたドジョウのいそうな場所をガサガサ。あちこちで歓声が上がっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

対象区間には、既に浚渫終えた区間と、まだ着手されていない区間があってここがミソ。浚渫区間は護岸の川幅に水面が広がり、水深の多様性などが失われます。未着手区間は長年に渡って堆積した土砂などによって川の中に様々な地形が作られています。

ここから写真は浚渫未着手区間へと移っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真を見てもその差は明らかです。深さや流路、岸辺の植生の多様性はまるで違いますね。ホトケドジョウはこちらの区間でしか見られません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本部テントに戻って、取れた3兄弟をチェック。自分たちなりの「3兄弟」を作ります。クリアケースに入れてじっくりと観察してスケッチ。絵に描くと細部まで目を凝らすからより記憶に残りますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先回までは取れた生き物を水槽にまとめて入れました。岩本川水族館を作ろう、という感じで面白かったのですが、子どもたちとしては自分で取った生き物は自分持っておきたいもの。今回はまとめずに自分で取った生き物は自分で観察する方式に。すると子どもたちの強い関心は持続されて、なかなかに良い観察会となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドジョウ3兄弟、外来種3兄弟、絶滅危惧種3兄弟、カニ3兄弟、ムツ3兄弟などいろいろな3兄弟が取れました。驚いたのはこれまで取れたことのなかったサワガニ、コオイムシ、ヒメタイコウチが取れたこと。

大雨で上流の沢から流されてきたのかはわかりませんが、これらは過去3年間、岩本川に通っている私は取ったことがありません。これは望外の喜びでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番多くの3兄弟を取った3姉妹(!?)チームが優勝! 隊長から賞状と賞品の贈呈です。昨年の探検隊でも優勝したチームでした。おめでとう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続けて参加してくれる子どもたちや、初参加で楽しんでくれる子どもたち、普段から川に入って遊んでくれる子どもたち。今日の岩本川はどんなかな?と覗いてくれる人たち。そんな子どもたちの様子を見たり、伝え聞いたりすると心底嬉しいもんです。やっぱり川はそうでなきゃ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会の皆さん。「岩本川を遊べる川に」の理念のもと、川づくりに取り組んでおられます。

今回も参加者全員、元気に解散できました。お疲れさまでした!!

伊藤 匠

岩本川探検隊2015の様子は→コチラ
岩本川探検隊2016の様子は→コチラ

伊藤匠
伊藤匠(ガサ男)が書いた記事

IMG_5899

岩本川ワールドカップ201818/07/24

岩本川探検隊は、岩本川の川づくりに取り組む岩本川創遊会が主催する夏休みの岩本川大イベント。 これまであまり遊ぶ子供のいなかった岩本川の楽しさを付近の親子に知ってもらうべく始まりました。 そして...

小さな自然再生
環境CDN
eduチラシ2018年度版

環境学習塾 Edu.Nature 第2期生募集開始17/12/04

愛知県犬山市を中心に自然・生き物を守る各種事業を展開するBioGardenWithでは、今年度より全国でも珍しい、環境学習塾「Edu.Nature 必要なのは自然をみる力」を開講しています。我々Cle...

イベント
環境CDN
スクリーンショット 2017-10-25 17.06.45

トヨタミズベリングクエスト17/10/25

9/10に豊田市矢作川で開催された、 「トヨタミズベリングクエスト」の「矢作川さかな獲り名人とミニ水族館を作ろう!」に参加してきました。 親子で矢作川の魚を獲ってみようというイベント。 ...

川遊びマップ
環境CDN
IMG_1731

愛知県・五条川 小さな自然再生 苗植え付け17/08/02

カワサポにも登録している「NPO法人 トンボと水辺環境研究所」さんが取り組まれている、愛知県の五条川の小さな自然再生。 先回は植生ロールや石などで岸辺造成の基礎を作りました。 http:/...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川探検隊2017 ドジョウ3兄弟を探せ!17/07/24

今回で4回目となる岩本川探検隊。夏休みに岩本川の魅力を知ることを目的に、地元の親子を対象に実施しています。愛知県豊田市扶桑町と百々町の境を流れる岩本川では、浚渫工事後の河川再生に地元の有志「岩本川創遊...

環境CDN
IMG_1680

FGFゲームフィッシャー連盟様よりご寄付頂きました。17/07/18

この度、子供用のライフジャッケットを「FGFゲームフィッシャー連盟」様より、ClearWaterProjectにご寄付頂きました。 釣りイベントやその他川遊び等水辺のイベントで大活躍です。 ...

その他
つりチケ
川遊びマップ
IMG_1117

愛知県・五条川 小さな自然再生 岸辺造成17/05/22

愛知県北部を流れる五条川は桜の名所として有名ですが「川」そのものは、真っ平らで真っ直ぐなまるで変化のない川です。両岸もコンクリ護岸で連続性は遮断されてしまっている川です。 この五条川に岸辺を造成...

小さな自然再生
環境CDN
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩本川創遊会 29年度初・川づくり17/04/29

愛知県豊田市の岩本川で取り組まれている「ふるさとの川づくり」。地元有志で結成された「岩本川創遊会」が担っています。今日は新年度一発目の川づくり。日差しも気候も心地よい! 昨年夏の川づくり...

小さな自然再生
環境CDN
IMG_0430

アユ釣りマガジン2017 カツイチ様とつりチケのコラボ広告掲載17/04/17

内外出版社刊の「アユ釣りマガジン2017」に、釣具メーカーの株式会社カツイチ様とつりチケがコラボした広告が掲載されました。 カツイチ様は「REAYU」と言うルアーを製造販売されており、ルアーで鮎...

つりチケ
IMG_0092

岩本川創遊会正式発足 〜小さな自然再生17/03/27

先日、愛知県豊田市岩本川のふるさとの川づくり事業、その母体となる地元住民の方々で構成する「岩本川創遊会」が正式に発足いたしました。 昨年初めて川づくりを実施した箇所をみんなで視察し、今後の展望と...

環境CDN