CWPブログ

2016/09/09

流域Kids 生き物から知る流域環境学習2016第6回「ワンドの生き物と役割」

執筆者: cwp

cwp


源流から河口まで徐々に降りつつ、生き物を通して「流域」とは何かを学んでいる流域Kids。今回は「ワンド」です。重要な環境であるにも関わらず、これほど知られていないのも珍しい。

ワンドって何か知ってますか?

ワンドは、平常時でも本流と繋がっている止水域のこと。増水した時や周りの陸地の形状の変化にに伴って、ワンドそのものも変化していきます。ほとんど水の入れ替えが行われないところを「溜まり」とも呼んだりします。

大雨で川の水が増水した時、普段は陸地のところも冠水します。そして水が引いた時に陸地の窪地に水が溜まったままになったり、緩やかに繋がるのみで止水域として残ります。土砂等が堆積して作られる陸地にできるので、水際まで植生が豊かで、ヤナギなどの河畔林に覆われていることが多い場所です。

20160903_135049

木曽川の南派川を渡り、河畔林の中に分け入っていかなければなりません。

さて、どんな生き物が待っているでしょう?  今回は流域Kidsは7名と少なめです。

20160903_135341

外からは分かりにくいことが多いので、中々ワンドの存在が認知されないし、関心を持たれません。

故に、そこには別世界ともいうべき光景があるのです。

20160903_151828

img_7669

まるでジャングルか、マングローブの中を進んでいるような雰囲気ですよね。しんと静まり返っているのもいい感じ。
ワンドは基本的に止水域ですから、水草も豊富にあります。ここは在来種ではクロモが群生し、時折ヤナギモが見えます。

そして、外来種のオオカナダモとコカナダモも場所を変えて異常に繁茂しています。クロモとカナダモはとてもよく似ているので、間違われて在来のクロモが駆除されていたりします。20160903_141146

ちょうど、オオカナダモの花が咲いていました。これだけ見ると可憐なのですが、入ったら身動きとれないほどの密生ぶり。足を大きく上げながらでないと進めません。子どもたちはヒーヒー言いながら続きます。これは相当しんどいぞ。

20160903_140956

20160903_141019

20160903_141036

その他、オオカナダモと並んでよく見かける外来種、オオフサモ。ここにもやっぱりありました。多年生の抽水植物で、オオカナダモと共に侵略的外来種ワースト100のレギュラー選手。

20160903_141334

20160903_141531

先に進んでいる方から歓声とも悲鳴ともつかぬ声が聞こえます。何ごとだっっ!!

20160903_141622

写真ではよく見えないけれど、カムルチー(ライギョ)の稚魚がいっぱい。数百匹はいようかという状態だったそう。まだペッドボトルに入る大きさですが、これが1メートルくらいまで大きくなります。水の汚れに強い。外来生物法で要注意外来生物。

img_7672

「カルムチー」ではなく「カムルチー」。よく間違われていますよね。あと、よく似た種にタイワンドジョウがいますが、別種です。採ったカムルチーはエラを切って、鳥の餌にしておきます。

その他、ナマズの稚魚やギギ、タモロコ、モツゴ、アメリカザリガニ、ウシガエル、カマツカ、ゼゼラ、フナ、オイカワ、カワムツ、スジエビ、ヌマエビなどたくさんの魚が見つかりました。

 

20160903_143630

20160903_143815

20160903_152321

20160903_152336

img_7675

全体的に稚魚や未成魚が多く、ヌマエビは無数にいます。繁茂している水草や、水中に無数に伸びるヤナギの根の隙間にびっしりと潜んでいるのです。

ワンドは多くの魚にとって、避難場であり、産卵場であり、生育場なのです。隠れ家がいっぱいあり、水の流れはなく、エサが豊富。この場所を選んで卵を産みにくるのです。まさに水辺の生き物のゆりかごと言えましょう。大きな河川にしかできず、植生があり、河畔林も密生するような、多様な景観の残る場所でなければ形成されません。

20160903_144119

20160903_161550
しかし、大きな川は河川改修という名の下にコンクリートで直線化し、管理しやすいように画一化されていきます。

水田と川が遮断されて多くの魚が減っているように、ワンドが減れば多くの魚に影響が及びます。タナゴの仲間「イタセンパラ」が天然記念物になってしまったのもそのためです。幸い、木曽川にはまだかろうじてワンドが残っています。これを維持して価値を共有し、他の川もワンドのある川にしていかなければなりません。

20160903_162455

中小河川において水田が生き物のゆりかごであったように、大河川ではワンドがゆりかごなのです。

さあ次は最終回、干潟で生き物探しです。

伊藤 匠

 

今回のフィールドはAQMAPからチェック ▶︎ http://www.aqmap.info/ui/map/map#1312144162

 

 

cwp
cwpが書いた記事

【お知らせとお願い】アプリ不具合解消について(android/Facebookアカウントご利用者様)21/11/19

平素よりつりチケをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 2021年11月16日にお知らせいたしました通り、androidアプリからFacebookアカウントでのログインができない不具合が発...

つりチケ

社員インタビュー CWPで働く仲間の紹介vol.421/09/17

Vol.4はエンジニアとお客様を繋ぐシステムセールスエンジニアとして大活躍して下さっている服部さんです。 2018年7月に入社し、営業だけではなく社員間のコミュニケーションイベントの企画など幅広く活...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.321/07/27

vol.3は2016年に入社し、エンジニアとして活躍してくれている森川さんです! エンジニアとしてだけではなく、社内の活動にも積極的に参加してくださっています。 そんな森川さんの紹介です! --...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.221/07/09

vol.2は2019年10月に入社した堀川さんです。 フィールドチームに新たな風を吹かせまくってくれている堀川さん。趣味や興味を仕事に繋げていて、活き活き働く度は社内の3本の指に入る!?んじゃないか...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.121/06/23

今日からCWPで働く仲間を紹介していきます。 vol1は、2019年8月に入社した足立さん(写真右)です。 足立さんはCWPから新幹線未使用だと約3時間かかる県外にお住まいです。 コロ...

その他

TOTO水環境基金関連 生き物図鑑用 採集&撮影21/01/06

TOTOさんの水環境基金の助成を受け、CWPでは三か年に渡って豊田市岩本川の生き物を経年観察していきます。 その第一歩として今年度は、岩本川に棲む魚類を中心とした生き物の図鑑を作ります。 ...

小さな自然再生
環境CDN

ミニビオトープを作ろう! 無事終了しました20/10/06

とよたマチサトみらい塾プラスの一講座として開催予定していた「ミニビオトープを作って楽しく知るSDGs」、先週土曜日に二コマ、終了しました。 ケースや砂、水草、生き物など、準備するのは大変...

環境CDN

ミニビオトープを作ろう! 講座申し込み受付中!20/09/23

以前の記事で紹介した、 とよたマチサトみらい塾+の「生き物好き集まれ! ミニビオトープを楽しく作って知るSDGs」ですが、 とよたマチサトみらい塾+のホームページで絶賛、申し込み受付中です...

環境CDN

TOTO水環境基金関連 小学校で川学習を行いました20/09/11

既にお伝えしている通り、ClearWaterProjectは今年、持続可能な世界実現のために、地域に根差した継続的な活動を支援する第15回「TOTO水環境基金」の助成団体となりました(過去記事:TOT...

環境CDN

夏期休業期間のお知らせ20/08/07

誠に勝手ながら、弊社団では下記の通り夏期休業とさせて頂きます。 【夏期休業期間】 2020/8/8(土)~2020/8/16(日) 【該当事業】 ・AQマップ ・川遊びマップ ・カワサポ ...

AQMAP
カワサポ
つりチケ
川遊びマップ
環境CDN