CWPブログ

2016/09/30

流域Kids 生き物から知る流域環境学習2016第7回 最終回「干潟の生き物と役割」

執筆者: cwp

cwp


 

流域Kids 2016も今回で最終回。
遂に、干潟までたどり着きました。冷たい源流だった川は、大河となって潮風の中を流れていきます。

雨の多い今秋、この日も断続的に雨が降ります。やれやれとも思いますが、雨が低いところに集まって川となって、生き物を生かしていく、ということを学んでいるわけですから雨を忌避する理由はありません。安全面には配慮しますが、 命の源を避けて環境学習もないでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終回のフィールドは木曽川の河口部。干潟です。
干潟は海面の潮位変化に伴って現れる、川底のこと。海からの海水と川からの淡水が混ざる汽水域の周辺です。

フィールドの場所はAQMAPから確認できます(パソコンで閲覧してください)。
▶︎ http://www.aqmap.info/ui/map/map#1384914304

汽水域や干潟には少し海水の混じった環境を好む生き物が棲んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グチャグチャのドロドロ。不意に30センチ以上足が埋まってしまうことも。引っ張ってもらわないと抜けられません。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潮のタイミングだったので、徐々に水が引き、干潟が姿を表します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだ、水が引く前
水が引いていく
水が引いていく

地面できた無数の穴。カニが潜んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
では、採れた生き物をご紹介。

アシハラガニ
アシハラガニ
アシハラガニ
アシハラガニ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベンケイガニ
ベンケイガニ
大漁
大漁
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
トビハゼ
マハゼ
マハゼ
テナガエビ
テナガエビ
アベハゼ
アベハゼ

多くの生き物は、水草や落ち葉の朽ちたもの、生き物の排泄物や死骸などが細かくなった「デトリタス」を食べています。干潟は本来は川底ですから、つまり干潟はデトリタスや泥が堆積した場所とも言えます。

俗にドブと言われるところでは腐臭が漂います。それがヘドロです。堆積した泥のそのまた底の泥が空気に触れることなく「嫌気化」することによって発生する腐臭です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干潟は土砂やデトリタスが最終的に溜まるところですから、本来であればヘドロの匂いに満ちているはずです。そうならないのは、上に挙げた生き物やゴカイ、微生物などの様々な生き物が、泥の中のデトリタスを食べる行為を通じて、泥の中に空気を送り込むことによって嫌気化を防いでいるわけです。そしてそう言った生き物を狙って鳥や大型の捕食者も現れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山から川を通って運ばれてきた様々なものの集積地である河口部には、やはりそこを住処とし、糧とする生き物が適応しているのです。それらの生き物によって環境が保たれているのです。

img_7908

img_7909

これまで流域Kidsでは全7回に渡って、木曽川流域を降ってきました。様々な景観とそれに対応した生き物を探して、採って、育てて学ぶことで「流域」というものを感じて欲しいという願いからです。

Slide4

私たちは本来的には、名古屋市に住んでいる、岐阜市に住んでいる、のではなく「庄内川流域」に住んでいるのだし、「木曽川流域」に住んでいるのです。

Slide2

水が高いところから低いところに流れる、と言う自明の理によって大地は形成されています。山に降った雨は低いところへと流れ、集まって川となり、さらに低い海に向かって流れつつ様々な生き物を生かし、人間社会の文明を支えています。そして海へと注いだ水は再び雨となってゆく。この水循環の単位こそが流域です。

ですから、流域は川とだけ結びついているものではなく、流域内の全てと繋がっているものなのです。

しかし現実は流域を無視して行政区は分けられているし、行政システムは縦割りと言われるように連携せず画一的、点的です。それをベースに防災、一次産業、生物多様性、水資源を論じるから無理が生じてしまうのです。大学の教育も同じような学部の構成です。流域はそれらすべての分野を横串で貫く思考です。

私がよく言う「川は血管、水は血液」という言葉は、まさにその意味で、流域という体の隅々に巡らされた川(血管)によって水(血液)が運ばれることによって、流域は健康体で居られるわけです。

体のどこかに症状が出れば、すぐに血液に影響が出て、体中を巡っていくのです。血管を見れば血液を見れば、体の、だから流域の状態がよくわかります。

また、河原にゴミが散逸し、誰も川に関心を持たず、人が見向きもしない川があれば、周辺の人間社会のコミュニティーも病んでいると言えます。

子供たちには、人間の文明や自分たちの生活が、川や生き物に影響を及ぼしていること、また、川や生き物の存在に依存して生きている事を学んで欲しいのです。

人間もまた流域で、川の、水の恩恵で生かされている生き物の一つである事を知って欲しい。自然と人間を対立軸で考えるのは間違いです。同じところにいるのです。まずはそこからわからなければ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
共同講師の宮田氏(右)と私(左)。

ありがとうございました。また来年。

伊藤 匠

※流域Kidsはモリコロ基金の助成対象事業です

cwp
cwpが書いた記事

【お知らせとお願い】アプリ不具合解消について(android/Facebookアカウントご利用者様)21/11/19

平素よりつりチケをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 2021年11月16日にお知らせいたしました通り、androidアプリからFacebookアカウントでのログインができない不具合が発...

つりチケ

社員インタビュー CWPで働く仲間の紹介vol.421/09/17

Vol.4はエンジニアとお客様を繋ぐシステムセールスエンジニアとして大活躍して下さっている服部さんです。 2018年7月に入社し、営業だけではなく社員間のコミュニケーションイベントの企画など幅広く活...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.321/07/27

vol.3は2016年に入社し、エンジニアとして活躍してくれている森川さんです! エンジニアとしてだけではなく、社内の活動にも積極的に参加してくださっています。 そんな森川さんの紹介です! --...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.221/07/09

vol.2は2019年10月に入社した堀川さんです。 フィールドチームに新たな風を吹かせまくってくれている堀川さん。趣味や興味を仕事に繋げていて、活き活き働く度は社内の3本の指に入る!?んじゃないか...

その他

社員インタビュー CWPで働く仲間vol.121/06/23

今日からCWPで働く仲間を紹介していきます。 vol1は、2019年8月に入社した足立さん(写真右)です。 足立さんはCWPから新幹線未使用だと約3時間かかる県外にお住まいです。 コロ...

その他

TOTO水環境基金関連 生き物図鑑用 採集&撮影21/01/06

TOTOさんの水環境基金の助成を受け、CWPでは三か年に渡って豊田市岩本川の生き物を経年観察していきます。 その第一歩として今年度は、岩本川に棲む魚類を中心とした生き物の図鑑を作ります。 ...

小さな自然再生
環境CDN

ミニビオトープを作ろう! 無事終了しました20/10/06

とよたマチサトみらい塾プラスの一講座として開催予定していた「ミニビオトープを作って楽しく知るSDGs」、先週土曜日に二コマ、終了しました。 ケースや砂、水草、生き物など、準備するのは大変...

環境CDN

ミニビオトープを作ろう! 講座申し込み受付中!20/09/23

以前の記事で紹介した、 とよたマチサトみらい塾+の「生き物好き集まれ! ミニビオトープを楽しく作って知るSDGs」ですが、 とよたマチサトみらい塾+のホームページで絶賛、申し込み受付中です...

環境CDN

TOTO水環境基金関連 小学校で川学習を行いました20/09/11

既にお伝えしている通り、ClearWaterProjectは今年、持続可能な世界実現のために、地域に根差した継続的な活動を支援する第15回「TOTO水環境基金」の助成団体となりました(過去記事:TOT...

環境CDN

夏期休業期間のお知らせ20/08/07

誠に勝手ながら、弊社団では下記の通り夏期休業とさせて頂きます。 【夏期休業期間】 2020/8/8(土)~2020/8/16(日) 【該当事業】 ・AQマップ ・川遊びマップ ・カワサポ ...

AQMAP
カワサポ
つりチケ
川遊びマップ
環境CDN