CWPブログ

2017/10/02

カワサポ交流研修会のご報告 1日目

執筆者: 岡本亮太 (たんたん)

岡本亮太


9月30日、10月1日に【第2回カワサポ交流研修会】を実施しました。
(主催:流域を考えるクラウドファンディングサイト『カワサポ』)

テーマは「団体支援を継続的に受けるために、できること」

1日目は、まちづくりや広報分野で活動する川中講師と、フリーのファンドレイザーとして主に心理面から各団体の資金調達をサポートする浅井講師による講演とワークショップ(WS)を開催しました。

カワサポ https://www.kawa-supporters.net/ に登録している団体と、登録はしていないが市民活動をしている団体から、合計14名が参加くださいました。

みんなが「はじめまして」で、WSを行うので、まずは仲良くなってもらおうと、CWP入って1年の大地くん主催のアイスブレイクから。
DSC00040

お互いに自己紹介をして、心の中で1,2,3のどれかの数字を思い、握手して、思った数字の分だけ相手の手を握るというもの。
「せーの」と声をかけて、やってみると・・・
DSC00041
合いませんでした~~~(笑)
合わなかったら合うまでやって、できたらハイタッチします。
ここで、だいぶ参加者の緊張はほぐれて、笑いも起きていました!

DSC00044

さあ、いよいよ。
川中さんの講演とWSです。
川中さんのセッションでのテーマは【支援したくなる団体と、こんな団体はイヤだ!】

まず取り組んだのは、自分が寄付や支援をしたことがある団体と、その理由をあげるというもの。
言われてみると、支援している、支援したものには必ず理由があるんですよね。

東日本大震災の義援金、知り合いがやっているNPO、コンビニ横の募金箱・・・

じゃあなんでお金を出したのか―
知り合い、何かしたかった、情報や物などの見返りが欲しい、共感する・・・

支援するには「なんとなく」ではなくて、そこにちゃんとした理由があるんですね。当たり前ですけど整理って大事。

続いては、支援をやめた、頼まれたけどしなかった理由を考えます。
モチベーションが下がった、人間関係、自分がしなくてもいいと思えた、結果が見えない・・・・

グループで話し合ってみると、共通点があるんですね。
これもまた整理って大事。

こうして見ていくと、支援したくなる団体の共通点や、したくない団体の共通点の整理ができました。

自分が主軸になって寄付や支援を考えた後は、団体を主軸にして、どうして寄付や支援を得るかを考えます。

DSC00047

広報の面から事例をいくつも紹介していただいた後、自分たちの団体やサービスでそこまで詳しいターゲット設定ができているのか、AIDMAがどれくらいできているか、など見つめ直す機会をもらいました。

自分と団体の両面を軸にして考えることで、主観的・客観的、両面から自分や団体を見つめ直し、今どうなのか、じゃあどうするのか、何ができるのか、再考する契機になったように思います。

もともと川中さんは、当初講師予定だった吉田さんが急きょ来られなくなり、吉田さんの紹介で引き受けてくださったのですが、代役なんてとんでもない、とても内容の濃い、面白いセッションでした。

続いては浅井講師による「お金くださいって言えますか」です。

IMG_3199

浅井さんは日本で一番大きなファンドレイジング(資金調達)イベントFRJで何年も講師を務める人気講師で、もともと私も浅井さんの講義を受けて、わかりやすいなと思い、今回依頼した経緯があります。

支援や寄付を呼びかけるのに発する「お金ください」これって、なかなか言えないですよね、というところから始まり、じゃあなぜ言えないのか、言いにくいのかを探ると、そこは心理が影響していると。

どこかで無意識のうちに『断られるんじゃないか』『寄付してもらう価値がない』などと思いこみをして、自らの評価を下げていることが要因ではないかというのです。
言われてみると、お金を・・・と口に出すことに抵抗があるという参加者の方は多かったです。
DSC00048

継続支援を得るっていうけど、そもそもお金についてどう思う?なんてグループで話し合う機会もありました。

浅井さんのWSの中で面白かったのは、支援者とのコミュニケーションをマトリックス表にして把握することの大切さ。
団体を支援してくれる人の中には、理事、ボランティア、イベント参加者、寄付者など様々な人たちがいて、その人たちに、どんなコミュニケーションを、いつ、おこなうのが最適なのかを表にまとめて行動するというもの。

下手な鉄砲ではなくて、ちゃんと表に落とし込んで、どの人に、いつ、どれくらい・・・という整理は必要だなと実感いたしました。

どちらの講師ともに、気づかせてくれる点が多く、自分や団体を整理する機会をいただいたように思いました。
グループで話し合うことで、他者への理解も深まったし、自分たちへの再考もできました。

じゃあどうしていくか。
我々CWPももちろんですが、各参加者にとって、何かの気づきになってくれれば幸いです。

プロの講師の後には、我々CWPから、カワサポの最新状況や今後の展開についてを。

IMG_3205

カワサポからは、最近達成したプロジェクトを分析してみたらわかったこと、をいくつか紹介しました。

カワサポで今年度あげたプロジェクトは100%の成功率を誇っているというのも事実としてお伝えし、参加者の中から一人でもいいから、実際にカワサポを使ってCFに挑戦・再挑戦する動きが見られたらうれしいですね。

こういう場は2年ぶりの開催です。
カワサポというバーチャルのサイトに登録する団体同士が交流して、ひとつのテーマについて共有し、学びあう機会はとてもいいものだと感じました。

世の中にクラウドファンディングはたくさんあれど、こうやって集って、聴いて、学びあう機会を作っていけることをカワサポの強みとして伸ばしたい、改めてそう思いました。

同じように意識を持って取り組む団体のベクトルが集うことで、その力がさらに強くなっている実感があり、それがカワサポによって繋がっていると思うと、もっともっといいものを生み出していかないといけないという意識を、メンバー一同再認識させていただきました。

我々としては、講師の方々からはもちろん、参加者との交流から、たくさんの気づきと学びをいただきました。

これからも繋がり続け、成長しあえる関係でいられるとイイなと思った次第です。

講師の方々、参加者の皆様、集っていただき、ありがとうございました!
そして、運営の助成をいただきました河川財団様にも深くお礼を申し上げます。

※本事業は河川財団河川基金対象事業です

CWP 岡本 亮太

岡本亮太
岡本亮太(たんたん)が書いた記事

IMG_5126

【水を旅する】半分青い? 全部青い?18/07/17

青森県の白神山地。 世界遺産に登録されてから訪れる人も注目度も増しているという。 先日、出張の合間にほんと数十分だけ、訪ねてみた。 そこはかとはない癒しの空間に包まれる。 [vid...

CWPDAY
カワサポ
環境CDN
表スクショ

【定員まであと2名受付中】地域と流域フォーラム(カワサポ交流勉強会)参加者募集!18/07/12

第3回地域と流域フォーラム(カワサポ交流勉強会)開催と参加者募集のお知らせ <参加費無料> ClearWaterProjectでは、年に一度、地域や流域に係る活動をしている団体や個人の方が集って...

イベント
カワサポ
IMG_4803

【水を旅する】すぐそこにある水辺編18/06/05

  水辺ってなんだ。 川や海や湖みたいな、大きなものだけがそれではなくて、もっと小さなものも立派な水辺なんですよね。 その小さなものってのは、実は意外に近く、すぐそこにあって、当た...

AQMAP
カワサポ
多自然川づくり
小さな自然再生
川遊びマップ
IMG_4536

【水を旅する】八郎湖・八郎潟編18/05/11

日本で一番大きな湖は? 多くの人がこの質問には答えられるでしょうね。 じゃあ、日本で二番目に大きな湖は? となると、なかなか出てこない人が多いかな。 でも言いたいのは、2番じゃダメなん...

カワサポ
川遊びマップ
IMG_4627

【水を旅する】田沢湖編18/05/10

川で遊ぶってことを推奨しているCWPです。 釣りや沢登りみたいに体を使ってアクティブに遊ぶのもあれば、静かに遊ぶってのも有りだと思うんです。 とりわけ僕は、旅が好きだし、地域が好き。 なので、水...

カワサポ
川遊びマップ
IMG_0752

河川基金 採択いただきました!18/04/02

一般社団法人ClearWaterProjectは、平成30年度 公益財団法人河川財団 河川基金に採択いただきました。 まことにありがとうございます。 http://www.kasen.or.j...

イベント
カワサポ
IMG_3606

山と川は繋がっている【山梨県小菅川】17/11/28

  観光客もよく訪れる東京都奥多摩。 そこから車で45分。そこは東京都ではなく山梨県小菅(こすげ)村。 奥多摩から45分ということは、都心から2時間5分で大自然あふれる地に...

カワサポ
カワサポ通信KST
IMG_3691

岩本川で小さな冬を見つける【愛知県岩本川】17/11/15

気づけば、いつの間にやら11月。 ハロウィンが終われば、翌日から街の中ではジングルベル。 秋は駆け足で過ぎていき、もうすぐそこに冬の気配が漂っている。 そんな毎日の中で、10月1日に魚道づく...

カワサポ
カワサポ通信KST
小さな自然再生
写真 2017-10-29 15 06 46

【カワサポ通信】シーボルトが残したものから川を見つめる【長崎県波佐見川】17/11/01

出島があったからこそ、異国情緒あふれる長崎では、おもしろい視点で川づくりに取り組む人たちがいる。 医者であり、生物学者であり、自然学者でもあったシーボルトから、シーボルトが残したものから、現代の、自...

カワサポ
カワサポ通信KST
多自然川づくり
IMG_8319

カワサポ交流研修会 最終編<それぞれの学び>17/10/06

  先週末に開催した、第2回カワサポ交流研修会ではCWPメンバーも参加者の方と一緒に学ばせていただきました。 2年前に開催した第1回に比べて、我々CWPもメンバーが増えて、提供するサ...

イベント
カワサポ
つりチケ
小さな自然再生
川遊びマップ
環境CDN