CWPブログ

2013/10/18

伊勢湾漂流ゴミの4分の1は答志島に!? 現地奈佐の浜の海岸清掃に参加してきました

執筆者: 瀬川貴之 (ウマヲ)

瀬川貴之


CWP瀬川です。
先日10月13日に、三重県答志島にある奈佐の浜海岸清掃に参加してきました。

答志島は、東海の伊勢湾出口付近にある島で、海流の流れで
伊勢湾漂着ゴミの4分の1は答志島に流れ着くとの試算があります。
(下記はボトルがどのような経路を辿るかGPS利用した実証実験)
slide0017_image034

つまり、答志島の人々は自分たちが出したわけではない、東海圏のポイ捨てゴミたちの4分の1を
自分たちで費用出してごみ処分しているわけです。
あほらしいことこの上ないですね。
さすがに島だけでは無理なので、三重県からも補助金出して処分しているわけですが、
そもそも河川流域、伊勢湾流域にゴミを捨てなければ必要ないわけで、それを実感して理解してもらうために
『22世紀奈佐の浜プロジェクト』が企画して
年二回愛知・岐阜・三重の東海3県から参加者集めて奈佐の浜を対象に清掃活動実施しています。

出来る限り多くの人に実感してもらいたい、ということもあり、
参加費3000円で各県からのバス代・定期船代・昼食代・保険代を含みます!!
昼食は現地産の海産物も多く含まれた弁当なので、運動+食事+観光的な気分で参加されている方も(笑)
現地見てもらって感じてもらえれば安いものだ、ということですね。

ということで、実際現地行ってきました。
まずは鳥羽から船に乗って答志島へ到着。
IMG_5139
レセプションでまずは島の子供による太鼓
IMG_5138

定期船の場所から奈佐の浜までは歩いて30~40分程。運動不足にはちょうど良いですね。
ご年配の方等はトラック荷台に載って移動です(注:トラック荷台に人が乗るのは基本違反ですが、警察に届け出しておけば問題無し。ただ田舎の方に行くと結構日常茶飯事ですね。ここら辺は状況と安全意識と自己判断で。)
IMG_5140
IMG_5156
IMG_5161
うーん、景色が気持ちいいですね。

さて、現地に到着するとすでに清掃に入っている方々が。
IMG_5167
まず目につくのが流木。もう少し見ると細かいプラスチックごみが大量にあります。
IMG_5169IMG_5173
IMG_5178

試しに場所を動かず3分ほど小さなプラスチックごみを集めてみました。この円筒形のゴミはなんだろう。やたらとあるんですが。。
IMG_5183

ちなみに、一つ断っておくと、このゴミ状況は先月末から今月上旬にかけて、奈佐の浜には大型クレーンも導入して実に45トンものゴミを回収し終えた、後のゴミの量でした。
ひどい状況だと、以下のような写真状況です。
slide0025_image010slide0025_image014

200名強の方の1時間ほどの清掃で約2.5t回収完了。
IMG_5184
IMG_5186
うーん、人力では無理ありますね。。それも台風など大水来るとまた流れてきます。

後は公民館に戻って、昼食頂き、シンポジウム。
ちなみに水辺ではないですが、道路途中から覗き込んでもゴミ捨ててました。。
島の人ではないかもしれませんが、島の人だったらこれはこれで厳重注意。
IMG_5200

シンポジウムでは島民の子供による太鼓でほのぼのしつつ(太鼓、いいですね!)、
瀬戸内海や岐阜、伊良湖岬の報告がありました。
瀬戸内海では様々な魚種の漁獲高減っていることを漁師の方が実感していることや、
浜に流れる流木は林業衰退による森林保守されてないことによる影響など、新たな視点も頂きました。

ちなみに下の写真にある手に持った看板は、岐阜美濃市からのもので、奈佐浜清掃時に拾ったもののようで(ー ー;)、川や海の流す力の凄さを感じれます。岐阜まで持ち帰って頂きました~。
IMG_5221

結局参加して感じることは、根本を絶たないと無理でしょう、というこの企画の狙い通りの実感を強く持てました。
『チャールズ・ムーアが語るプラスチックの海』も思い出しましたね。

これの解決をICTでサポートするにはどのようにすればよいか、考えさせるきっかけにもなりました。
・自治体のポイ捨て罰則条例の比較チェックと地図上にマッピングすること(条例有無と罰則強さで色分けとか
・監視体制の強化、共有
といったことでしょうか。
一緒に取り組んでくれる方募集しています。

瀬川貴之
瀬川貴之(ウマヲ)が書いた記事

youtube2

Youtubeで川に関して24時間ライブをしてみた【機器編】18/11/14

2018年10月27日土曜日、愛知県岡崎市にある菅生神社にて、とある前代未聞のイベントが実施された。 イベント内容は、川について語りつくす。 イベント時間は 10月27日12時から、10月28日1...

イベント
地元自治体でクリーンアップを頻繁に実施しているとのことで結構綺麗。

東三河海岸漂着物学習セミナー15/11/08

今日は、カワサポ登録団体である「生き物探検部」の宮田氏と共に、蒲郡市の海岸で愛知県東三河漂着物学習セミナーでした。これまで晴天続きだったのに、なぜか今日から天気は下り坂。 生憎の天気となりました...

環境CDN
10325735_775596935829268_6760479114679966298_n

木曽三川流域での「生態系ネットワーク」の形成を目指す、「木曽三川流域生態系ネットワーク推進協議会」15/02/01

CWP瀬川です。 2015/1/29に、木曽三川流域生態系ネットワーク推進協議会 の会議機関である 「木曽三川流域生態系ネットワーク協働による推進手法検討会議」の委員として参加させて頂きました。 ...

環境CDN

愛媛 新居浜にてオープンデータアイディアソン・ハッカソンコーディネーターやってきました14/12/22

代表の瀬川です。 2014年12月19、20日の金土で、愛媛県新居浜にて、(株)ハートネットワーク様主催によるオープンデータ関連イベントが開催され、20日のアイディアソン・ハッカソンのコーディネータ...

その他
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「川系男子」現る。『川の甲子園』構想14/02/25

先週は、「川系男子」を標榜する坂本貴啓さん始め、筑波大学の「川と人」ゼミメンバーに事務所にお越し頂きました。 http://surface.kz.tsukuba.ac.jp/~ns/ 坂本さん...

その他
IMG_6740

土岐川・庄内川流域『ごみと水を考える集い』報告14/01/28

1月26日(日)、名古屋市港区野跡の環境省藤前干潟稲永ビジターセンターで、第3回土岐川・庄内川など藤前干潟形成流域の『ごみと水を考える集い』(略称:「集い」)が開催されました。 「集い」には、愛...

その他
IMG_6641

河川生物の引っ越し作業のお手伝いをしてきました14/01/23

 本日この真冬に、川に入って生物採りしてきました!?   CWP瀬川です。 さて、何のことだ?というお話ですが、きっかけは愛知川の会の方にお誘い頂いた 岐阜県交流会でした。何...

その他

伊勢湾漂流ゴミの4分の1は答志島に!? 現地奈佐の浜の海岸清掃に参加してきました13/10/18

CWP瀬川です。 先日10月13日に、三重県答志島にある奈佐の浜海岸清掃に参加してきました。 答志島は、東海の伊勢湾出口付近にある島で、海流の流れで 伊勢湾漂着ゴミの4分の1は答志島に流れ着...

その他
東京湾2

東京オリンピックで東京湾トライアスロンは不適?いやいや、水質は劇的に良くなるかも!?13/10/05

ClearWaterProject瀬川です。最近話題のオリンピックに関連し、 2020年東京オリンピック決定により、東京湾の水質改善にも影響でそうです。 http://www.sponichi.c...

その他

名古屋市堀川で遊べるようになるには・・・13/10/04

CWP瀬川です。 名古屋市(私達の活動拠点ですね)の名古屋駅をしばらく東に行くと、堀川という河川があります。 (堀川納屋橋からの撮影。 http://www.aqmap.info/ui/...

その他